.

商店でどれものクレジットカードが使用可能なわけでもない■クレジットカードの加盟店は大抵、ときには5を超えるクレジットカードのブランドに入っていますが残念なことに全部のショップであらゆるカードが切れるわけではありません。例をあげていうと昔からある契約店の際にはJCBの印の付いているそのクレカしか決済できない場合もあるし、近頃の商店の場合だとVISAとかMasterCard名前のついているクレジットカードのみしか使用不可な場合もよくあります。ダイナースカードなどのクレカ会社だったら、増して使用できないお店が多いでしょう。どのようなクレカが決済できるかをどのように判断すると良いのか「じゃあいかなる方法でどのような所有カードが切れるかを見たらいいの?」といってみても本当のところを理解するんだとすると該当店の従業員に尋ねてみるのみ、ていうのが正直なところ正しい答えです。とはいっても大抵の商店や料亭にはお店の目につきやすいところとかに切れるカードのロゴがプリントされた加盟ステッカーが付けられていることから「ふーん、あそこのレストランではアメックスが使用できるのだな」というのが一目でわかるようになってるため安心してもらえると思います。反対に、しっかりと加入管理が出来ていないショップのような場合にはロゴマークが掲げられている場合でも「うちでは××クレカはお使いいただけません」といったような案内をもらうなんてこともあるわけでとまどってしまうこともなくもないです。やっぱり可能な限りはより多くの加盟店でカードが決済できるようにするためにももう一つの会社(国際ブランド)がはいった一般的なMasterCard、JCB、ダイナーズライフカード、等のクレジットカードを2枚以上契約するようにしたほうがよいと思います(例えば:JCBをいつも使っているならアメックス付帯のカードを持つとする等)。とりわけ国内ではVISAカード、マスターカード、JCBカードの3つの印が書かれているクレジットカードを日ごろから携帯しておけば、おおむね日本全土のカード決済可能店舗でいずれかのクレカを渡すよう準備万端というわけです。カードを使いこなして日常的にカードライフを目指すためには、しっかりと少なくともこの3枚のカードを申し込んでおいて損はないと思います。