クレカを入手する前提として、交付希望者本人自身がカードを所有可能な年齢であるという条件が存在します。例外は無論ないとは言えないが通常では、18歳から定年程度の範囲の人が受け入れ対象となる一般則に用心したい。20歳未満の方は保護者の許可を得ることが必要:まずは言えることは申請希望者が高校を卒業する年齢である18才より年少の場合では申込は不可能であると考えて頂いた方が良いと考えられます。義務教育を終えると早くから、会社員としてお金を稼いでいる青年の方も多勢いらっしゃるとうかがいますが車両の運転免許証といったものと一切同じで、指定された年になるまでの間においては保持は出来ないものだと思って頂いた方が良いでしょう。18歳か19歳である場合≫利用したい人が仮に18才あるいは19才といった大人でない方の条件であるケースにはずば抜けて安定した収入のある組織で労働していて年収が著しく高いというときであっても、父母の承認を得ることが前提条件となっているためこのような点においても十分気をつけて頂くことが肝要です。ところで、学部生あるいは専門学校通学者のような学生の人に応じて、在学生用カードなどという学校の生徒のお財布事情に合わせたカードが用意されている事実があるのでそれに該当するクレカを申し込む方が無難(こういったやり方以外の場合手続きが完了できない確率が高いように考えられます)。また、自分でプロパーカードの作成手続きを実行しなくても父、母親といったご両親の面々が保有するカードの家族カードという他の手段を通して利用させてもらうなどということも一つの解決策であるので何かと家計簿についてのマネージメントが面倒だという風に思っているのであれば協力を頼んでみるというのも手と考えられます。18歳の誕生日を迎えた以降の状態であっても高校の学生はクレカを所有できない:ところで、万が一18歳の誕生日を迎えた以降の状態だったとしても高校に通う生徒はクレカを使うことは不可能です。ただし、実務訓練といったものを学習するために存在する特別な4年制の高校または修了に5年以上かかる高等教育機関(医療系専門学校等)のケースであれば高等学校生でも生徒用のカードの発行が承認される条件がサービスによってはある故、カードの所有にこだわっている状況であれば意中のカード会社の受付に電話してみて頂くと、詳細を教えてくれるはずです