付属している保証を望んで、であったり手元に置くとすぐにメリットのあるならまだいいが保有しているニーズもないし、会費まで払わなければいけないようなクレカを万が一保持しているのであったら、そのキャッシングは契約変更するほうが得策でしょう。その目的とは、クレジットカードを手元に置くという事により後に述べるジャンルの例が起こってしまう危険性がなくはないからです。余計なカードの出費が出てきてしまう可能性が否めない:クレカという物は所持するだけの場合でも会員費といった料金が出てくる種類のものがあるのです。こういったカードの例の場合、1年全体で見てもさっぱり活用することがなかったケースであっても年会費が発生してくるという理由で使用しないとカードを保持し、忘れてしまう事が損害になってしまいます。当然ではありますが契約解除をした後は年会費の発生は心配なくなるという点のため不要なカードは早めに契約変更してしまうという方が適切だと示せると思われます。つけくわえて会費がいらないクレジットカードの中にもクレカを実用しないと会費が必要になるというような契約事項が設けられている種もあったりするという根拠で、油断は大敵です。