クレカを使用していると契約カード会社から利用明細書が送付されます。これらの利用代金明細内容にはどこのショップで何月何日にどんな商品にカード決済でどれくらい費やしたのかについての記録がリスト化されているためこれまでのクレカを使った決済の履歴を見るにたいへん易しく実用的でもあります。これをメインとするのは難しいと思いますが便利な家計簿のような感じに仕上げることも楽しいし、貯金管理にも使えます。それにクレカご利用明細送付されてから通常は2週間程度でカード代金の振り込みがされるわけです。ということは送られてきたクレジットカードご利用明細を見比べて、少しでも覚えのない内容もしも頼んでもいないサービスがあったとしたら、フリーダイヤル等に電話をして確認すればOKなことが多いでしょう。その際にカード不正利用のような正当でないカード利用が判明したような時でも契約者に落ち度がないようなら、大多数の事例では加入カード会社がそういった不正な使用を請求しないようにしてくれます。今日ではこのような明細書をネットで見ることができるクレジットカードがほとんどです。自分がいつどんなものを買ったかを把握するようにしてカード詐欺に用心することはもちろんカード利用の成績表として使うアイディアもあり家計管理といったこともこれだけで可能です(パソコン画面で閲覧することができるカードは前月よりまえの決済履歴や利用可能残高など照会可能な場合が多です)。クレカはこういった点でも大変役に立つ手段なのです。